アフランシールのコンセプト
アフランシールのコンセプト

人生で一番大切な日にまとうウェディングドレスを大切にして欲しい。
AFFRANCHIRのドレスはヨーロッパのアトリエで手作りされたシルクのウェディングドレス。

ドレスばかりが豪華で目立つのではなく、あなた自身が美しく自然体でいられることを大切に考えて出た答えが「シルクドレス」でした。
高級感のあるアイボリーカラーは日本人の肌にもとてもよく似合います。

軽やかで流れるようにやわらかなシルエット、洗練されたデザイン、繊細なレース、シルクならではの光沢はシンプルなのに、ため息が出てしまうほどの存在感。

AFFRANCHIR(アフランシール)とは、フランス語で「解放する」という意味。パックプランのドレスを我慢して着なければならないようなことを押し付けたり、花嫁が美しくあることよりも、何回使えるドレスかを基準にしてきたブライダル業界から花嫁を「解放」して、あなたを美しくすることに全力を尽くしたいと思っています。

運命のドレスをAFFRANCHIRに見つけに来てください。


通常の一般的なレンタルドレスは、連続使用や漂白にたえられるように頑丈なポリエステルでできています。ドレス自体が重くて動きにくく、漂白成分によって写真で青光りしたり、肌の敏感な女性は科学繊維に反応して赤くなってしまうことがあります。
AFFRANCHIRでは、従来高価なオーダーでしか手の届かなかったシルクドレスを、平均5〜6回に限定してレンタルしています。
Copyright (C) 2006 AFFRANCHIR All Rights Reserved.